いまこの瞬間、話題になっているニュースをお届け!

softcasを使うと犯罪になる?不正利用で捕まるのか?

2012.07.02

softcasの利用と取り締まりが話題になっています。

 

softcasとは、WOWOWやスカパーなどの有料放送をB―CASカードなしで、簡単に見れてしまう不法ソフトのことです。

 

5月21日にWOWOWとスカパーが法的措置に訴えることを宣言したことに始まり、総務省も不正の取り締まりに積極的に動いています。 既に数万人以上が使っていると言われているsoftcasですが、使っている人は犯罪になるのでしょうか?

 

まず、B-casの運営会社である株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズの見解です。

 

B-CASカード不正改造問題に関する当社見解 B-CASカードを不正に改造して、有料放送を視聴できるとする方法が一部のインターネット上のサイトに掲載されています。違法行為を助長するものであり、極めて遺憾です。不正に改造したカードをオークション等で販売するなど他人に提供する行為は、不正競争防止法に違反し刑事罰を伴う重大な犯罪行為です。また、B-CASカードの改造、変造若しくは改ざん等をする行為自体が「B-CASカード使用許諾契約約款」に違反し損害賠償請求の対象になります。更に、不正改造カードを使って有料放送を無料視聴する行為も放送法に違反し損害賠償請求の対象となります。当社としましては、早急に技術的な対応策を行うとともに、関係当局及び関係各社と連携の上、刑事・民事の両面から選択可能なあらゆる法的措置を講じて厳正に対処してまいります。

 

と、かなり強く不正に対処する姿勢がうかがえます。

 

特にソフトや不正カードの配布者はビーエス・コンディショナルアクセスシステムズからは訴えられる可能性は大いにあります。

 

softcasの利用者は捕まるのか?

 

では、これらのサービスを利用しているユーザーはどうでしょうか?

 

関係者によると、このB-casの運営会社、WOWOW、スカパーなどの放送局は、不正に 用いられているカードを識別することができないようです。

 

「1億5000万枚も過去に出回ったカードのうち、不正視聴がどの程度なのかまったく見当がつかない」

と、関係者は話しているとのことです。

 

当面は、不正利用している人がばれて、捕まったり、罰金を取られることはなさそうですね。

 

ただ、過去に似たようなケースとして、Winnyなどの不法ファイル共有ソフトを使っていた事件がありました。当時の事件のばユーザーはかなり悪質な場合は逮捕されたというケースもあったので、今後、不正利用のユーザーに対してどのような対処が取られるか、注目されています。

 


関連記事

ページ上部へ戻る