いまこの瞬間、話題になっているニュースをお届け!

三菱ミラージュエボの詳細

2012.08.07

新型の三菱ミラージュが話題を呼んでいます。

 

ハイブリットカーではないにも関わらず、なんと燃費は27.2km/Lを実現しています。

これは、JC08モード燃費でガソリンエンジン登録車トップになります。

 

ちなみに、ホンダのフィットハイブリッドの燃費が26.4km/Lなので、なんと一部のハイブリットを上回ってしまっています。

 

新型ミラージュは980メガパスカル(MPa)までの高張力鋼板を使っていて、徹底的な軽量化を図っています。その結果、このような低燃費を実現しています。

 

車重は軽自動車なみの870kgです。

 

 

さらに驚きなのが、その価格です。

 

一番下のグレードで99.8万円と100万円を切る値段設定です。

 

 

三菱ミラージュ エボリューション

以前のミラージュといえば、サイボーグというスポーツモデルが人気でした。

今回はスポーツモデルの設定ないのでしょうか?

 

今、巷でささやかれているので、ミラージュエボの噂です。

 

 

ベストカー掲載されていたスクープ記事で、

 

「ミラージュ ランエボ化計画発覚!」

 

というタイトルですっぱ抜かれていました。

 

 

■ ミラージュエボスペック 

 

・エンジン タイ仕様の1.2リッター3気筒をターボ化

・最高出力 150ps程度

・トルク 20kgm
・予想価格は約170万。(通常モデル+70万位)

 

さらに詳細はベストカーで→ ベストカー2012年6月26日

 

三菱ミラージュ エボリューションは本当か?!

ベストカーに掲載されていたミラージュエボですが、本当かどうかはまだ怪しい部分ではあります。

 

ミラージュとジムカーナなどのモータースポーツで活躍した車種なので、モータースポーツグレードを望むファンも多いでしょう。そんなファンの願望から生まれてきた噂なのかもしれません。

 

 

同じく自動車雑誌のXacar(ザッカー)では、6月の時点で、ミラージュエボの確実な情報はないと発言しています。

 

 

真偽のほどはどうなのでしょうか。

 

ただ、新型ミラージュの売り上げはかなり好調のようなので、もしかするとミラージュエボリューションも実現するかもしれませんね。


ページ上部へ戻る